エイジーコーポレーション

我々は、貴社の物流事業を支援します。 KPI観測項目

物流KPI/ABC導入業務の可視化と、管理・評価支援

数値は嘘を付きません。ガラス張りの物流運営で安心経営ができます。我々のサービスは、事業の可視化としての物流KPIの設定から、物流KPIの収集と管理と評価です。また、問題点の見つけ方(How To)についてご指南致します。約2ヶ月で対応しています。拠点数や事業数に応じて期間の見直しが必要です。

※物流KPIと導入効果事例PDFで、効果の確認と、物流KPIマトリックスPDFでKPI項目をご確認下さい。 また、KPIに必要な計算式は、 へメールにてご要求下さい。ご送付させて頂きます。 尚、簡単KPI監視ツール(倉庫・荷役・配送)は、コンサルティングにてご提供させて頂きます。


物流事業戦略立案企業収益UP物流戦略の提供

経営上身近な無駄を認識していますか?物流業務は、間接費として大きなコストを締めています。事業拡大、事業縮小に伴う物流事業戦略の有り無しで企業様の体質が違って来ています。自営・外注関わらず容易に改善できるか?出来ないか?大きな差が出ます。弊社・専用ヒアリングシートで(調査・分析)短期調査と、事例ライブラリーで(評価・施策化)物流戦略立案いたします。事業収益アップの為のビジョン策定と物流戦略(リスク回避を加味した戦術)のご提供が可能です。

事例:某医系販社様はM&Aで事業拡大をして来たが、営業所の合併と閉鎖をしても経費率UPで収益が伸びない。約2か月間で、営業拠点と在庫戦略を立案。(戦略効果:運営費・営業在庫削減)

 

物流センター事業計画(新設・統廃合)物流センター概要設計と収益性評価支援

物流拠点の新設や統廃合では、合理化対象コスト試算と,物流拠点への投資計画が必要です。弊社は、医薬品から冷蔵冷凍食品の在庫型物流センター、クロスドック型物流センター、加工物流センターまでを建屋建設・エンジニアリング実績と、物流センター運営に関するライブラリーを利用して物流事業計画を立案・エンジニアリングサービスを提供致します。

合理化対象コスト試算:   配送経費、運用経費、倉庫経費専用ヒアリングシートと、短期調査でコスト試算いたします。

物流センター立地:  拠点最適化シミュレーションサービスにより配送経費の最少拠点情報を提供します。

物流センター概要設計と投資計画:   弊社物流ライブラリーから、建屋建設、レイアウト、設備、運営(配送・運用・倉庫)経費が最少化となる仕組みが設計出来ます。

物流センター事業計画:   過去の事例より、各種予算化と投資回収を事業損益シミュレータによって検証できます。これにより確実な事業計画と、投資の絞込みが可能です


新設から統廃合まで物流センター事業計画手順

物流センター建設物流データ特性に合ったローコスト運営

あなたの会社のエンジニアは、一生でどれだけの物流センター設計を経験しますか?我々は、過去の経験データを使い、物量データ分析に基づく保管条件と運用条件の抽出。データの特性に合ったセンター機能と運用設計、マテハン選定、物流ソフトウェアなどの設計・選定や稼働に対して、プロフェッショナルが支援し、予算化(イニシャルとランニングコスト)を行ってコスト削減を達成します。

食品加工系センター実績とサービス pdfファイル 242KB


物流現場改善物流現場改善物流費削減できるKAIZEN(事例:24%削減)

如何なる物流現場でもムリ・ムダ・ムラが付き物です。効率的は現場運用をしている物流現場は、物流データ特性や環境に合った業務運用を行っています。データの変化に対して改善を繰返す必要があります。

我々は、現場の運用診断とデータ特性診断に基づいて、生産性の向上20%を目的とした現場課題・改善施策をご提供致します。(調査・分析:約1ヶ月間)

更に、実際の改善の指導と定着化までの支援が可能です。(約3~5ヶ月間)専門家の支援でリスク縮減が可能です。
※現場改善は、効果が多くてリスクが少ない改善実施がお勧めです。弊社では先ずモチベーションUP教育を行います。

即効性のある改善AZC
pdfファイル 262KB

物流現場改善フロー

物流アウトソーシング品質が良く安い、物流アウトソーシング

貴方の会社では物流アウトソーシング時の選定ポイントは、提供されるサービス品質とコストでは有りませんか?単純に倉庫代が安いので3PL企業に委託したが、商品のロット管理が不十分で顧客からクレームが発生し契約を打ち切った例も数多くあります。一度失った信用は取り戻すのは大変です。委託先するには、料金以外に提供されるサービスへの期待と提案を受ける期待があります。

  •  委託候補への情報提供には、波動情報は出したくない。
  •  個建てで運用してもらい料金を抑えたい。

上の様な矛盾の中、期待するサービスを伝える要求仕様書(RFP)が不可欠です。このRFP作成から荷主企業にメリットとなる個建契約のしかたをサポート致します。

更に、弊社が3PL事業者として、物流サービス提供がベストであれば、物流アウトソーシングを請ける事も可能です。

CO2排出量算出方法と情報提供  pdfファイル 641KB